読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別居生活、始めました。

保護命令により別居開始・もうすぐ1年です。離婚しないのは気持ちが残っているとか、そんな甘~い理由ではありません。

怪我をしても聴取も受けなくてはならない

事件のこと 別居まで

 

病院で処置してもらってから、警察で事情聴取(?)

この時も女性警察官が対応してくれた。

 

事情を説明するときは、当たり前なのかもしれないけど

結構具体的に話さなければならない。これが結構恥ずかしい。

モラハラ夫のDVは言うことなすこと、

客観的にみると本当に馬鹿げているのでなおさら。

 

「何回殴られましたか?」  いちいち数えてないって

「どんなことを言われましたか?」  とにかくお前のせいや!とか

「具体的に何を振り回しましたか?」 生活感にじみ出るわ―

 

ちょっと強引につじつまを合わせて、警察官が作文を書いてくれます。

最後に読み上げて、

警察「間違いないですね?」

私「…まあ」

警察「ではここに指紋で結構ですので押印お願いします」

インクはでしたね。さすが警察…。なんて思ってしまった。

 

ああ、文章になるとなおさら恥ずかしいやら情けないやら・・・。

改めて思うのは

DVって本当に馬鹿げたことです。絶対治りません。

悩んでいる方、さっさと離れましょう。